坐骨神経痛と椎間板ヘルニア

生活環境に気をつけよう

生活環境に気をつけよう

椎間板ヘルニアになってしまう要因としては、生活する環境にも原因があり、毎日、猫背のような姿勢でいるのもよくないですし、同じ体勢でずっといるような仕事も椎間板ヘルニアになってしまうリスクから考えるとあまりよくありません。

たしかに、突然の事故などにより、椎間板ヘルニアになってしまうこともあるかもしれませんが、たぶん、椎間板ヘルニアになってしまう人たちのほとんどは、生活環境が原因となっているのではないかと私は思っております。

生活環境と椎間板ヘルニア

なぜなら、私の知っている椎間板ヘルニアで悩んでいる人たちの全員が生活環境や生活の行動が原因となっているからなんです。私自身もレントゲンでちょっと椎間板ヘルニアのような感じらしいのですが、私も含め全ての人が生活環境がもととなっています。

私でいえば、スポーツをずっと続けていたという事もありますが、もっとも大きな影響を与えているのは仕事の環境だと思います。以前の仕事が重たいものを持ったり、車に乗ったり、という仕事をしていたので、この時の影響で椎間板ヘルニア・・・・腰痛が出始めました。

この他の、私の知り合いも同じような状況です。この私の実際の経験からも椎間板ヘルニアになってしまう原因として、生活環境が大きな誘因になっているといえるでしょう。

対策について

では、どうすればいいのか・・・・というと、生活習慣を変えるのがベストです。とはいうものの、仕事を変えるのは大変です。やめてしまうとこのご時世なので新しい職が見つからないなんてことになりかねません。このことからも、日々の生活習慣を少しずつ改善することが重要になるのですが、まず、簡単にすぐ出来るのが姿勢を正すということです。

姿勢が悪いと背骨が歪んでしまい、椎間板ヘルニアを悪化させる可能性があると思われるので、まずは猫背の人は意識して姿勢を正すようにすると効果があるかもしれません。


⇒ 坐骨神経痛と椎間板ヘルニアのトップへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional